企業情報Company

会社概要

社名

株式会社メディア・トラスト(英文社名 Media-Trust Co.,Ltd.)

本社所在地

東京都千代田区神田司町二丁目2番7号 パークサイド1(2階)
電話:03-3254-5541 / FAX:03-3254-2720

設立

平成8年4月(MBO 平成11年4月)

資本金

90百万円

代表取締役

近藤 雅信

社員数

50名

業務内容

・ビジネスコンサルティング
・ビジネスプロデュース事業

売上高

18億39百万円(平成30年3月期[22期])

営業利益

60百万円(平成30年3月期[22期])

株主

クアルコム
米国インテルグループ
Jストリーム
トランスコスモス
代表者並びに役員

認定・届出

JIPDEC プライバシーマーク認定企業(10821557(07))
電気通信事業届出 A-17-8597
一般労働者派遣事業 許可番号:般13-302417

グループ会社

◆株式会社ブレーン(映像制作、編集、ミュージックレストラン運営)
スタジオ事業部、メディアプランニング事業部
http://www.studio-brain.com
ライブエンターテインメント事業部
ラドンナ原宿
https://www.la-donna.jp/
サテンドール
https://www.satin-doll.jp/

◆ダイキサウンド株式会社
(音楽・エンターテイメント事業におけるトータルコンテンツサービス)
http://www.daiki-sound.jp

◆株式会社トラストホールディングス
グループ会社資産管理/経営指導、太陽光売電事業
http://trust-hld.jp

社長挨拶

刻々と変化していく経済・産業構造の中、企業の存在意義や役割は、単にサービスや商品を提供することで成長していくだけで無く、企業を取り巻く、全てのステークホルダーと協調しつつ、その存在意義を評価されるような『企業価値の創造』へと大きく変化してきました。

『企業の皆様と共に考え歩む』

この言葉が、当社創業以来の企業テーマです。

お客様と共に考え歩みながら、

・経営戦略と戦術の見直しを後押しし、情報技術(IT)を駆使して企業運営上の課題解決を総合支援すること

・次世代の企業戦略を立案し、新たなビジネスシーンを創出すると同時にITを活用したビジネスプラットホーム構築のお手伝いをすること

それが『ビジネス・プロデューサー メディア・トラスト』の使命です。

『Sophisticated and Powerful Company』

全てのお客様に、洗練された力強い企業になって頂きたい・・・
そのお手伝いをさせていただくことが私達メディア・トラストの願いです。

企業理念

経営コンセプトと事業コンセプト

経営コンセプト

『企業と共に考え歩む』をキーワードに全てのステークホルダーから、その存在意義を認められる企業になると同時にビジネスを通して産業界の発展に寄与し、次世代社会の産業基盤構築に貢献する。

事業コンセプト

ITをベースにしたビジネスプロデュース(ビジネス支援)企業として、

1.その提案力・実現力・開発力・サポート力により存在意義のある企業を目指す。
※特に定評あるイーコマース系(PC・Mobile)・音声・動画での強みを更に強化。
2.常に上流に立ち位置を求めるビジネスモデルを堅持できる組織体制を維持する。
※優良クライアントとの取引実績を更に拡大し、上流で勝負する。


行動規範

全ての企業活動と判断指標は、
『Sophisticated and Powerful Company ~高度に洗練された力強い企業~』
で有り続けるために、何をすべきかをベースに決定・施行される。

経営サイドの責務は、
(1)顧客への責任
(2)従業員への責任
(3)株主への責任
の3つに集約される。
全ての行動は、その責務を果たす事に繋がっているかどうかで志向・決定される。

全ての企業活動と判断指標は、各部部長・リーダーを含む全てのリードスタッフも同様に上記3つの責務実現の一翼を担っていることを考えながら行動することを行動規範 としそれを全ての下位スタッフに啓蒙することを責務とする。


企業の方向性

スタッフは、常に『6つのドメイン』を満足させるべく行動しています。

Bisiness Environment

クライアントにとっての最良のパトーナー

顧客へのスタンス

顧客重視姿勢の一層の強化

意思表示

変化・変革を先導。時代とビジネスを創造

基礎力・商品力

ノウハウと実績に裏付けられたコンサル力・提案力・開発力・運用力

組織力

パートナーとの強固な連携により生まれる開発力・運用力

企業力

クライアントへのサービスを維持・拡大できる企業としての資金調達力と基礎体力


CSR (Corporate Social Responsibility)

当社では創業1998年から、「顧客・社会への責任」、「雇用への責任」、「株主への責任」という3つの責任を「企業の3大責任」に位置付け、経営の重要課題と考えております。

安全で高品質、そして、社会的倫理に適ったサービスの提供を通じ、環境への配慮や社会的公正の意識を、所属員全員が常に心がけています。

また、それらの責任を果たすために、業務プロセスの改善やコストの低減、技術やーサービスの更なる革新、企業活力の一層の向上に努めています。

当社は、非上場ではありますが、従前、上場企業の傘下にあった経験を生かし、コンプライアンス(法令順守)、コーポレートガバナンス(企業統治)、ディスクロージャー(情報開示)など、社会に果たすべき責任を全うし、取り巻くステークホルダーとの積極的な双方向コミュニケーションを図っていきたいと考えます。


コンプライアンス

1.法令を常に遵守し、違法行為は行いません。
2.社会規範・社会通念・良識に対して、最大限の理解と適正な対応に努め、業務を執行します。
3.社内規程をはじめとする全ての社内ルールを遵守します。

沿革

2019年 1月

データサイエンス事業開始
T-PAS販売開始

2018年 7月

セガサミーグループと共同開発したカートナビシステムサービス
「GOLFGEAR スコア&ナビ」販売開始

2016年 5月

株式会社TAGインターナショナル社と業務提携

2016年 4月

SES/アウトソーシング事業を事業部化

2016年 3月

グループ会社、株式会社トラストホールディングスにて再生エネルギー事業開始
(太陽光発電所 3か所 3.4メガワット)

2016年 2月

グループ会社、株式会社ブレーンにて音楽音響事業進出、ミュージックレストラン『ラドンナ原宿』を買収。

2015年 4月

インフラ・セキュリティ事業を事業部化

2014年 1月

「シンクライアント管理ツール TC-Manage」サービス提供開始

2011年 4月

ゴルフ事業を子会社 株式会社 G-SERVE に移管

2010年 7月

財務戦略上の柔軟性および機動性確保のため、資本金を9千万円に減資し、その他資本剰余金を2億7,850万円とする

2010年 4月

株式会社ブレーンをグループ会社化し映像事業進出

2010年 3月

フェリカネットワークス株式会社のソリューションパートナーに認定される

2010年 2月

東京都、「経営革新計画」承認

2009年11月

業務拡張に伴い事務所を現所(千代田区神田司町2-2-7)に移転

2007年 9月

ゴルフ場向けGPSカート運行管理システム事業開始

2007年 4月

GIS事業の一環として、ゴルフ場向けナビゲーション事業を開始

2007年 2月

一般労働者派遣事業免許取得

2006年 8月

プライバシーマーク取得

2006年 6月

システム脆弱性診断のため、ソフトバンク・テクノロジー株式会社ならびに京セラコミュニケーションシステム株式会社と提携

2006年 6月

資本金3億6,850万円に増資

2006年 3月

資本金3億5,850万円に増資

2006年 2月

資本金3億3,350万円に増資

2005年12月

資本金2億9,350万円に増資

2005年10月

ファームウェア事業部を新設

2005年 2月

業務拡張に伴い事務所を中央区銀座より千代田区有楽町に移転

2004年 9月

株式会社アーパスを合併・GIS事業開始

2004年 4月

(株)スペースリンクのMMS(マルチメディアソリューション)事業を継承
先進医療設備投資支援を目的に(株)メディカルアドバンス(資本金9千万円)設立に参画
WEBインテグレーション事業開始

2003年10月

携帯地図情報発信ツールの拡販を目的に東京ガスグループ会社と提携

2003年 8月

PCリモートアクセス&Webmeetingツール「WebArrow」をASP提供開始

2003年 4月

業務拡張に伴い事務所を中央区銀座に移転

2003年 1月

M&A業務支援・上場支援を目的に
(株)アセット・トラスト(資本金5千万円)設立に参画

2002年12月

富士総合研究所と提携、人事評価システム取扱い開始

2002年 9月

関東経済産業局「モバイルコンテンツ研究会」参加

2002年 4月

企業再生支援・アセットマネジメント業務進出を目的に
(株)アセットソリューション(資本金2千万円)設立に参画

2001年12月

上場企業13社参加によるブロードバンドコンソーシアム『IMCC』設立

2001年11月

日本ヒューレットパッカード(NSP事業部)戦略パートナー企業(5社)に選出される

2001年10月

NTTDoCoMo(M-stage開発・運用)を皮切りにSI受注活動本格化

2001年 4月

システムインテグレーション分野に進出
(アーパスにて)位置情報ASPサービス"MobileLocation.net"データセンターを開設

2001年 1月

ビジネスコンサルティングに進出

2000年 8月

(スペースリンクにて)データセンターサービス開始

2000年 7月

資本金2億850万円に増資

2000年 5月

資本金1億4,100万円に増資
(アーパスにて)SoftBank地図情報サービス「J-Navi」が開始

2000年 3月

資本金1億3,600万円に増資

1999年 11月

資本金3500万円に増資

1999年 4月

MBO後、代表者変更と同時に現社名に商号変更 ビジネスプロデュース事業・システムソリューション事業を開始

1996年 4月

会社設立

取引先一覧

メディア・トラストが支持される理由はどこにあるのでしょうか?
その答えのひとつに、「豊富な導入実績」があげられます。
お客様の満足度が、次のお客様の満足を呼ぶ。
最先端の技術と信頼のソリューションでビジネスに最高のパフォーマンスをご提供します。

・株式会社I&S BBDO
・藍澤證券株式会社
・アイテック阪急阪神株式会社
・伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
・NECソリューションイノベータ株式会社
・エヌエスティ・グローバリスト株式会社
・NCS&A株式会社
・株式会社NTTデータ
・株式会社オプト
・株式会社近代セールス社
・株式会社クオラス
・黒谷株式会社
・埼玉県こども動物自然公園
・株式会社 静岡協同エージェンシー
・ジャパン建材株式会社
・松竹株式会社
・昭和リース株式会社
・鈴与シンワート株式会社
・ソフトバンク株式会社
・タイ国際航空
・公益社団法人中小企業研究センター
・デジタル・インフォメーション・テクノロジー株式会社
・デロイトトーマツコーポレートソリューション合同会社
・株式会社東京アドエージェンシー
・公益財団法人東京動物園協会
・有限責任監査法人トーマツ
・トランスコスモス株式会社
・日産車体コンピュータサービス株式会社
・株式会社日本医薬総合研究所
・日本証券テクノロジー株式会社
・公益社団法人日本臓器移植ネットワーク
・日本ペイント株式会社
・株式会社ビデオプロモーション
・ビュルガーコンサルティング株式会社
・富士ゼロックス株式会社
・株式会社ブロードバンドセキュリティ
・株式会社ポートサービス
・みずほ情報総研株式会社
・みずほキャピタル株式会社
・株式会社メディカルノート
・ヤマトマテリアル株式会社
・株式会社山本製作所
・横河レンタ・リース株式会社

他 (五十音順・敬称略)